fbpx
Blog

面接官の教育

以前お話をした「欲しい社員」の定義づけを周知しただけでは、面接官の教育は終わりません。

面接後の評価は、コメント重視ですが目安で「A・B・C・D」の4段階で評価していました。

A:次の面接に進めたい    (AとBで全体の15%)
B:次の面接に進めても良い
C:普通  35~55%
D:採用は難しい  30~50%
※ C以下の学生に対しても、面接シートの「全体コメント」には必ずコメントを記入する。(何故駄目だったのかについての証拠を残す)

この様なルールを記載した「面接マニュアル」を作成しました。

二人の面接官で AとB とか BとCとかはあり得ます。

一度だけ AとD という評価がありました。

こういう場合は、双方に、面接の内容をヒアリングします。
BとDなら聞かないかもしれませんが。

D評価の面接官曰く
「なんとなく、雰囲気で『こいつとは一緒に仕事したくなかったんですよ』」

「一緒に仕事したい」という感情は大切です。
ですが、もう一人はA評価なのです。
直感は有っても良いのですが、人の人生や会社の将来がかかっているのです。
そこは、理論的に行いましょう。

これは、ありえません。

私は、この学生を呼んで、実際に話してから評価しました。

面接官の教育が間違っていたのです。

関連記事一覧

Blog更新中

検索