fbpx
Blog

採用媒体選定力

今日は、具体的に採用の話。

でも、採用のもっと手前の事の方が、採用のためには必要なんですけどね。

さて、採用のための媒体(手段)は、

フリーペーパー、ネットサイト、自社のサイト、ハローワーク、ヘッドハンティング会社、紹介仲介会社、知人友人、店頭にポスター掲載、店頭にフライヤー設置、社用車にポスター、電車内広告、バスの後部に掲載、会社説明会、学校訪問 等

とまぁ、色々とあります。

最も大切なことは、自社の事をどのように表現するかなんです。

どのようにって、粉飾するわけではありません。

ですから、前にも言いましたが、

1.当社はどんな会社 で

2.どんな社員が欲しいのか

これを徹底的に社内で議論して決めないと、いくら求人しても入ってくる社員はいません。

どんなことに気を付ければいいかは、このブログを読み返してください。

で、今日は、そんな話じゃなく、媒体選択の話。

もっと言うと、媒体の代理店を選択する際の話。

よ~く考えてください。
媒体の代理店にしてみたら、リピートオーダーしてくれる顧客の方がうれしいですよね?

求人をリピートオーダーする会社って?

①求人広告を出しても出しても、全然人が集まらなくって困っている
 ・・・そもそも求人広告がダメなんじゃないですか?

②人が入ってもすぐに辞めてしまう会社
 ・・・根本的に、社風や制度が悪いんじゃないですか?

代理店は、リピートオーダーが欲しいので、完全に顧客の欲求を満たしてしまうようなことはしません。
求人が予定数通り採用出来て、定着率が良い場合、もうしばらくは使ってもらえませんものね。

勿論、全部の代理店がそういう所ばかりじゃないですよ。

でも、『社風や制度』に言及してくる所はそんなに多くはありません。
優良な会社や担当者さんとは、いまだに連絡を取っておりますけどね。

最近も、フリーペーパーを見ると悲しくなってきます。

『経験者急募!やる気が有る方求!月給〇〇円。休みも多いし、楽しい先輩もいるよ!』

みたいな広告は、まだまだたくさんあって、ガッカリし、また、憤りを感じます。

こんな文章しか作れない代理店に頼んではダメですよ

関連記事一覧

Blog更新中

検索