fbpx
Blog

メンター制度

メンターって分かりますか?

まぁ、簡単に言えば、教育係のような専属の先輩です。

私は、新入社員教育時に、2週間くらいは座学や外部見学、現場研修に費やしていました。

その際、メンター、先輩社員を一人張り付けていました。
一人で、最大人に対応していました。
教育期間中ずっと一緒にいるので、コミュニケーションも取れます。
メンターにも任せた講義もあります。

新卒が入る前から、そのメンター担当者とは綿密な打ち合わせ。

マニュアルはあるのですが、微に入り細に入り。
ここも時間を掛けます。
業務後になりますので、二人でホルモンを食べながらマニュアルを広げたりもしていました。

研修期間中だけではなく、何かと相談事は、メンターにするような方向でもっていきました。

メンターには、前もって教育をしてあるので、その対応や、困った時は、直ぐに私に相談するようにも話していました。

ところが、私がトップではない会社にいた時
「一人じゃ面倒見切れないだろうから、配属先に一人ずつ担当者を付けろ」と言われました

方向的には正解です。

しかし、人選は、配属先の部長任せになりました。

私が「では、担当者と面談してしかるべき教育や申し送りをしますから」と言うと

「大丈夫、皆、優秀な社員だから問題ないから」と言われてしまいました。

で、全然大丈夫じゃなかったです。(汗)

社員の優劣ではなく、「新入社員に対してどう接するか?」とか大切なことなんですよ。

「メンターの役割って?」とか

結局、1組が付き合ってしまいました。

いえ、先日、社内恋愛の話をしましたけど、本音で言えば、全くやってはいけないとは思いません。

会う機会が多い者同士が惹かれ合うという事はあると思います。

しかし、メンターである以上、その役割が終わるまでは、絶対にそうなってはいけません。

役割が終わるまで待つべきです。

付き合いを始めた時点で、メンター制度は崩壊してしまいます。

先輩後輩を超えて男女の仲になってしまいますからね。

指導なんてできないですよ。

関連記事一覧

Blog更新中

検索