fbpx
Blog

人材紹介とヘッドハンティング

人材紹介とヘッドハンティングは、ほぼ同じような活動です。

厳密に言うと

人材紹介は、依頼企業の条件に合う求職者(転職希望者)が登録していたら、引き合わせる。

ヘッドハンティングは、依頼企業の条件に合う人(転職したい希望が有るにかかわらず)を、リサーチして、転職を勧める。着手金が掛かる。

ということです。

どちらも一般的な 求職者が存在している職種の求人には向いていません。

特殊な能力や資格や経験を持った人をピンスポット的に雇用したい場合に活用するものです。

費用は、ヘッドハンティングの場合は着手金が必要でその分割高です。
契約に際しての費用は、おおよそ年収の30~35%だそうです。

単に、有資格の即戦力は紹介会社
エグゼクティブの発掘にはヘッドハンティングが適しているといえそうです。

契約してもすぐに辞めてしまった場合には、共に費用は返ってくるようですが、契約の際には注意してください。

双方ともに、確実に採用できる保証はありませんが、特に紹介会社の場合は、採用できなければ費用は掛からないというメリットはあります。

中小企業の募集にはあまり向かないのかもしれません。

中小企業にお勧めの方法としては、
ハローワーク、ネット募集媒体、ペーパー媒体、いずれの場合でも

『具体的に何をやっている企業なのか
社員に対しての教育、待遇はどうなのか
将来はどうしたいのか』を明確にする必要があり、それのポイントを押さえれば、採用は可能だと思います。
また、即戦力よりも、『未経験者を教育する。独立を支援する』方向の方が採りやすい。

『何をやっている企業』とは、製造している商品自体や、提供しているサービス自体ではなく

【それによって、社会にどう貢献しているのか】

それを明確にする必要が有ります。

関連記事一覧

Blog更新中

検索