fbpx
Blog

顧客の想定、限定

皆さんの会社は、顧客を想定していますか?

男性、女性
年齢層、職業、学歴、家族構成、家族の学歴、家族の年齢、性別

え?

そんなこと必要ない?

最近は、雑誌業界はWEBに押され、売り上げが低迷していて大変ですが、大抵の雑誌は、顧客を特定しています。

例えば、『25ans』(ヴァンサンカン/Vingt cinq ans)
「社交界に身を置く20代以上の『お嬢様』」が対象と称している。ただし実際の購読者の平均年齢は30代半ば。」

その他の雑誌もほとんど決まっているはずです。

でも、上記の例のように、そのターゲットとかけ離れた人たちも買っています。

憧れ、そうなりたいと思う願望

ですから、自社の製品を使うと、「どのような豊かな暮らしになるのか」、現在の先を定めて営業展開していかなくてはなりません。

私が、リフォーム業をやっている時には、明確に顧客増を定めていました。

分かり易いように、芸能人の写真を使って、経歴などはその方と関係なく想定して、年齢、出身大学、就職先、趣味等、家族全員を決めていました。

勿論、お客様には、それ自体をお見せするわけではありませんが、そこから広がるイマジネーション、雰囲気を伝えるようにしていました。

これを行うと、企業の戦略の方向性が分かり易くなります。

また、顧客戦略の方向性が明確になれば、学生に企業をアピールする際にも役に立ちます。

顧客の明確化、是非やってみてください。

関連記事一覧

Blog更新中

検索