fbpx
Blog

コミュニケーションミーティング

以前から、ボトムアップの大切さはお話ししてきました
今日は、その実践に関してお話しします。

社内のコミュニケーション。

経営者と幹部
幹部同士
管理職同士

これらは、水平方向のコミュニケーションです。
垂直方向も大事です。

課長会議に、オブザーバーで部長が一人出るとか
部課長会議とか

或いは、責任者以下の方の懇談会・・・我社ではシャレで「無責任者会議」なんて言ってましたけど(笑)

それと、また大事なのは、職責を飛び越えたコミュニケーションです。

この場合は、「会議」ではなく「懇親」に近い形の方が良いです。

私が行っていたのは、「1か月に1回、各部から1名出して 社長と飲みに行く」ことでした。
その当時は、社員数70名でしたので、これで、ほぼ全社員と最低1回は飲みに行けました。

社長も管理職も、特定の社員とだけ飲みに行ってはいけないのです。

コミュニケーションミーティングの流れ

次回の出席者の中から幹事を決めて、予算を伝えて、店を予約してもらう。
以下、食事、飲酒しながら

1.社長の話 10分 これから会社はどこへ向かうか

2.社員の話 5分ずつ 25分 困っていること、報告したいこと

3.懇親(2の話題が中心になりますね)60分

4.社員の話 25分 これからどうしたいか

5.終了

これがボトムアップなのです。

私がやっていたボトムアップの本の一例です。

ほかに、サンクスカード、目安箱、各種委員会活動、経営ビジョンの策定合宿、面接 等が有ります。

関連記事一覧

Blog更新中

検索