fbpx
Blog

社会貢献

採用に当たって、特に新卒採用の際は「御社は、どんな社会貢献を行っていますか?」と聞いてくる学生は少なくありません。

一概に「社会貢献」といっても色々ありますし、その考え方も多様です。

「黒字で、税金を支払っていること」を社会貢献だと思う方もいるし
そんなことは当たり前でそれ以上のことが社会貢献だという意見もあります。

社会貢献って何でしょうかね?

CSRと社会貢献も少し違うようです。
CSRは「Corporate Social Responsibility」の略
意味は「企業の社会的責任」であり、一般的なイメージとしては、ボランティアや寄付活動、また法令順守や環境保護活動といったものでしょう。
「重要ではあるが、本業に関係がない、追加的に実施されるもの」といった感じでしょうか?
しかし、この意味合いはどちらかというと『社会貢献そのもの』であります。

CSRは、グローバル的に考えると
『法令順守や労働協約の尊重は前提条件と位置づけ、「社会」「環境」「倫理」「人権」「消費者の懸念」を企業活動の中核戦略として統合する』ことらしいです。
現在、日本で考えられているよりも、コンプライアンスや社会的責任の部分が強いのかもしれません。

今日は、一般的な『社会貢献」の話をします。

企業にとって、大事なことは、第一に社会貢献ではありません。

それは当たり前です。

自社が、少なくとも儲かるような状況でなければ、社会貢献をするべきではありません。

社員に対して「儲かってないから、賞与もあまり出せない」何て言っている社長が、「我社も社会貢献しないといけない」なんて言ったら、社員は怒りますよ(笑)

社長が自分の給料を例えば福祉に寄付するのは構いません。
でも、給与が少ない社員に、それを強要してはいけません。

社会貢献よりも大事なのは、社員満足です。

でもある一定の給与水準を達していたら、社内、社員を巻き込んでの社会貢献を行うべきです。
これは、勿論、求職者は、そのような会社を望んでいるという理由もあるのですが、それこそ、社会的責任ですね。
やって当たり前だと、世間は見ているのかもしれません。

では一体何をやったら良いのか?

例えば、被災地などに対しては、自社の本業で積極的に援助すれば良いと思います。
自社の営業エリアで、自社の本業を生かすには、福祉系への援助でしょうね。

でも、本業を生かすことばかりが社会貢献ではありません。

世間では、多種多様な取り組みがされています。

「今、世間では、こんな取り組みを行っている会社が有る。
さて、当社はどんなことをやったら良いと思う?」
そう、社員を巻き込んでいくのです。

全部を社長が決めて、トップダウンしなければいけないと思っている社長さん、間違っていますよ。

社員を巻き込んでいくこそ、社員の自主性の醸成が出来、継続性が生まれるのです。

関連記事一覧

Blog更新中

検索