fbpx
Blog

求人の自社告知の場合の注意点

ハローワークやネットの採用サイトを利用する場合でも、自社のホームページに『求人欄』を設けるのは当たり前です。

ハローワークの求人票は記載できるスペースが少なく、テキストデータのみです。

外部のサイトを利用する場合は、HWと比べたらはるかに多くの情報を掲載できますが、少ないと感じています。

特に、外部のサイトを利用した場合、自社のHPの求人ページには『詳しくは~(求人サイト)を見てください』しか記載されていないケースが多いです。

良いですか?
就職先を探していて、まず最初に御社のHPにたどり着くことって、大企業以外では、絶対にあり得ないのですよ。

ハロワや求人サイトで見て、御社に興味を持ったから、御社のサイトを見たのです。

それなのに「求人サイトを見てください」って、あまりにも馬鹿にしていませんか?

こんな事にも気が付かない方がほとんどです。

何故だと思いますか?

経営者は、求人に関しては素人ですし、求人サイトの運営者は、自社のサイトの喪が万能だと思っているからです。
だから、そんなアドバイスさえしないのです。

自社の求人ページに記載して欲しい事

・仕事内容をより具体的に、写真を数多く、分かり易く

求職者は素人です。
業界の人だけが分かるような見せ方ではいけないのです。

『我社は〇〇を作っています』

〇〇って、何ですか?
製品ですか?部品ですか?

どちらにしても、それは、どのように活用されているのですか?
その先、人々はその製品によって、どんな利益を得ているのですか?

皆さんの会社のHPに記載されていますか?

社員が生き生きと働いている様子は掲載されていますか?

・教育内容スケジュールを明確に

御社は、社員を「どう育てようとしているのか」明確に、具体的に記載されていますか?
教育を受けると、将来、どのような仕事に取り組めるか記載されていますか?

即戦力と未経験者と、区別して両方とも記載していますか?

自社の採用ページで、採用が始めるケースは無いですが、ここは、本当に大切な部分です。

関連記事一覧

Blog更新中

検索