fbpx
Blog

売掛金回収のルール

皆さんの企業では「売掛金のルール」って明文化されていますか?

①どういう場合、売掛金にしてよいのか
②回収は誰がどういう期間で行うのか
③回収が遅延した場合どうするのか

①に関しては決まっている企業がほとんどでしょう。
通常、全て売掛金取引で行う。
初めての取引の場合、信用調査をして、複数回の取引までは、現金取引
何て言うルール。
でも、明文化されていますか?

②に関して
経理部門任せになっていませんか?
逆に、営業マンだけが関わっていませんか?
チェックはされていますか?

③に関して
これを明文化していない企業は多いです。
何故でしょうか?
責任の押し付け合いというか、デリケートな部分ですので、避けて通りたいのでしょうね。
売掛金の回収が遅延して「早く回収して来いよ」という経営者がいます。
その取引を了承したのは誰ですか?
営業担当者一人に任せていませんか?
上司は同行してますか?
経理はどんなチェックをしていますか?
貸し倒れの承認は誰がどのような手順でするのですか?
貸し倒れの場合、誰がどのように責任を取るのですか?

こういう事が決まっていないから、売りっぱなしのだらしがない体質になっているのではないですか?
売掛金の回収が遅延したときは、全社を挙げて大騒ぎするべきなのです。
そうすれば、担当者もその周囲にいる人も大問題だと自覚するのです。

「そんなことをしたら売って来なくなる」という意見もあります。

そうです、回収できないような物件は販売しない方が良いのです。
その方が、何倍も効率も良いし利益も上がります。

関連記事一覧

Blog更新中

検索