fbpx
Blog

成績考課と姿勢考課

人事制度に関連した項目です。

成績考課も姿勢考課も、共に、賞与査定、昇級昇格査定に用います。

ただし、
賞与査定時は、成績考課にウェイトがあり
昇給昇格時には、姿勢考課にウェイトがある
のが一般的なようです。

成績考課は、目標に対する進捗で見るのが最も分かりやすく、納得感も得られると思います。
やはり、難しいのは姿勢考課

私が経営していた会社では『自己査定方式』を採用し、なるべく納得感を得られるように努力していました。
とはいえ、最終的には上司とのすり合わせをしますので、価値観の相違、受け止め方の相違によって、意見が合わない場合もあります。

ですから、会社としては、価値観の同一化を図ることに注力しなければいけません

それを行なってい無ければ、査定は成り立ちません。

勿論、価値観の同一化が有る程度図られた後は、
「あなたは、この項目に関しては、ここまでやってください。
それが出来て普通です」
という基準も作り、部下に与えなければなりません。
その際には、より具体的にです。

・部下の姿勢考課を良くするために、部下のモチベーションを上げる

という上司と

・モチベーションが上がっている部下のみをキチンと評価してあげる

という上司と

どちらが正しいのでしょうね?

ビジネスライクに言えば、後者が圧倒的に正しいのでしょう。

やる気の無い社員にやる気を出させるよりも
たとえ、今は成果が上がっていなくとも、モチベーションが高い社員を評価する姿勢考課

なんだか、その方が良い気がしています。

関連記事一覧

Blog更新中

検索