fbpx
Blog

そもそも、新人研修の意味とは?

過去に、「新卒の研修を行ってください」と言われ、その日程が1日間だったことが有ります。

更には、「1時間で新人の心得の教育をしてください」と言われたこともあります。

仕事ですので、やりましたが(汗)、企業側のそういった考え方自体が、離職率を上げているのです。

新卒は、中途とは違います。

教えることは多いのです。

何せ、第2新卒も含めて、彼らは社会人経験が無いのです。

いくら、アルバイトやインターンシップをやっていたって、それは社会人経験ではありません。

入社してみると、面接では見えなかった部分も見えてきます。

それが悪いのではなくて、

知らないから教えてあげる必要が有るのです

新人研修に、コーチングはほとんどいりません。
ほぼ、ティーチングです。

ただ、その前段階で、
「あなた方は、社会を知らない」と言う事を納得させる必要が有るのです。

そのうえで「なるほど、私はまだまだだ、きちんと学ぼう」

それから、ティーチングが始まるのです。

ですから、ビジネスマナーとかを教える以前に行わなければならないことが有るのです。

入社式の後の、午後からの教育の第1日目のカリキュラムを述べます。

・リラックスタイム(自己紹介)
・教育の目的
・社会人と学生の違い
・今後の教育スケジュール
・「今やるべきこと」

1時間では、この導入教育も出来ません。

せめて、1日は取っていただきたい。(少ないですが)

出社して、書類を提出して、「はい、じゃ、今日は、〇〇さんと同行してください」
なんてやってませんか?

新人教育の目的は

『社会人としてのマナーと当社の社員としての考え方を身に付け、仕事の進め方の基礎・基本を理解し、他メンバーやお客様の立場を考えた行動のできる、協調性と積極性を持った人材となる』
為ですが、会社側からの意味合いとしては、『定着率を高める』ためなのです。

仕事に早く慣れるために、1日~2週間を座学に費やしても、決して無駄ではありません。

関連記事一覧

Blog更新中

検索