fbpx
Blog

初めての人事考課③ 具体的項目

給与、昇給の決め方

「貴方の仕事は〇〇。これを いつまでに どのくらい やってください」

⇒達成割合によって、査定 ⇒次期目標設定、指導育成

最初のうちは、漠然としていて、社員ごとに違っていても問題が無い
社員数が多くなっていくと、給与のバラツキと仕事内容、勤務態度に整合性が付かなくなってくる。
⇒ ルールの必要性

人事考課・評価の目的
賃金を決定する上で最も重要なもの
社員教育や配置転換
社員のモチベーションの維持、モラルの向上

考課の範囲
考課は3つの観点から行われる。

社員の成果や業績についての「業績考課」(成果の実現度)
有する知識や能力に関しての「能力考課」(発揮能力)
成果を出す過程で示される行動や態度に関する「情意考課」(服務態度)
※情意考課:規律性、積極性、責任性、協調性
(但し、企業の考え方により変化)

計画の順番
人事考課制度の必要性(目的)を明確にする
1. 会社の目指すべき姿、理念を明確に社員に伝える
2. 社員のモチベーションの維持・向上を図る

業績考課を行う前提で、目標設定がある
目標管理面談

業績考課:定量目標 結果目標、行動過程目標、あるべき姿
給与テーブルと連動 あるいは 賞与連動
能力考課:定性目標 保有能力、発揮能力 仕事に有用であるか
情意考課
規律性・・・社内規則を守り、職場秩序を維持しようとする姿勢
責任性・・・最後までやり遂げようとする姿勢
積極性・・・自分の業務の創意工夫、自分以外の業務も課題として取り組む姿勢
協調性・・・上司・同僚・部下、他部署との関係を円滑にしようとする姿勢

「業績考課」「能力考課」「情意考課」の各々の割合(重要度の違い)をどうするのかは、企業によって違ってもよい。

例えば、

賞与の場合は、「業績考課」重視
昇給は「能力考課」重視など

例)
賞与時 「業績考課」:「能力考課」:「情意考課」=5:3:2
昇給時 「業績考課」:「能力考課」:「情意考課」=3:5:2
など

関連記事一覧

Blog更新中

検索