fbpx
Blog

最近の採用事情①

今年度四月入社の新入社員に関して
大学、高校の就職率は、およそ98%という数字が出ました。

これは、分かってはいることですが、完全に売り手(学生)主導の市場です。
就職できない学生がほとんどいないということです。
一方、企業側は、人手不足
或いは、一部の企業に集中してしまう、ということです。

少し前までは
「中途(即戦力)は採用できないが、新卒は採用できる。一人当たりのかかる費用も新卒の方が安い」
なんて言っていましたが、実態はそうでもないようです。

以前からお話ししておりますが、採用媒体において美辞麗句を連ねても、採用にはつながりません。

会社の実態が大切です。

企業が選択される基準、そのTOP5は

・社会貢献度が高い
・職場の雰囲気が良い
・仕事内容が魅力的
・将来性がある
・福利厚生が充実している

具体的に言うと
・教育制度
・福利厚生費(住宅、休日等も含む)
・企業の経営理念
・働きやすさ
・将来の展望(企業と個人)

そういったものの『実態』が無ければいけません。

・フリーペーパー
・WEB
・ハローワーク
といった、媒体種類による特性も抑えなければなりません。
ただ、同じ種類の媒体でも、運営企業によって、得意不得意があることが分かってきました。

中途に強い
未経験者に強い
新卒に強い

或いは、営業担当者によっても、かなり違った行動になります。

その辺に関して、明日以降お話いたします。

関連記事一覧

Blog更新中

検索