fbpx
Blog

会社の立て直し 幹部への周知

社員とのワーキングで出てきた「経営理念の解釈」に関して、まず初めに周知する対象は、経営幹部に対してです。

これは、社内で「教育」を積極的に行う場合の順番と同じです。
例えば、外部機関を使っての社員教育を行う場合、まずは、幹部社員、次に管理職、そして、一般社員へと広げていかなければなりません。

社員教育を行う場合、一般社員、特に 問題社員から教育を行う企業が有りますが、それは全く間違っています。

まず、幹部からです。
経営理念の周知確認も幹部からです。

経営理念確認のワーキングに、一般社員や管理職も参加していると相乗効果も期待できます。

新しいこと、嫌なことは、上層部から行うことが鉄則です。

話は飛びますが、人事考課の査定を刷新する場合、それに先立って、或いは、同時でも良いですが「上司査定」も同時に行うことを推奨します。

上位査定もセットで行うことを明示すれば、自分に対する査定が詳しく詳細になる事の不愉快さは解消されます。

嫌なことは上司から

覚えておいてください。

関連記事一覧

Blog更新中

検索