fbpx
Blog

事業承継

今週は、後継者問題に関して記述いたします。

最も多い
息子、娘への承継
からお話いたします。

息子、娘によくあるパターンは

・父親の今までの苦労、工夫、努力、人脈の事は、脇に置いておいて
現状の中での【効率の悪い部分】のみに着目し、指摘する。
これ、ある意味では、効率的な考え方に見えます。

その時点で、会社を客観的に見て、悪いところを是正すれば、より良い企業になる

そう思いがちなのですが、大きく違います。

【効率の悪い部分】も含めて、苦労、工夫、努力、人脈 の賜物なのです。

ですから、①最初から当該課題を明確に、やり玉に挙げてはいけないのです。

父親が築いてきた企業に、それは、ほころびもあるでしょう。

効率が悪かったり、間違っていたり

それを見つけた時に、鬼の首を取ったように勝ち誇り、「これだから先代はダメなんだ!」と言っている後継者、居ませんか?

基本的に、起業して大きくしてきた時点で、先代の方が優れていることは、誰でも承知しているのです。

後継者も、それが分かっているので、なんとか、先代を引きずり下ろしたいのでしょうね。

やり方、間違っていますよ

先代の偉業は、認めて尊重したうえで、「今何を行うか」を考え、話すべきです。

「先代のやり方は間違っていた。
時代遅れだ」

そんなことを言って、誰が納得して、付いてくるのでしょうか?
お客様は喜びますか?

少なくとも、以前からのお客様は離れるはずです。

新しい顧客と新しい社員とだけビジネスをしたいなら、事業を承継する意味がありません。

裸一貫、自分で起業すればいいのです。

事業承継には、やり方があります。

今週はその方法に関してお話いたします。

関連記事一覧

Blog更新中

検索