fbpx
Blog

初めにやる事・・・離職率の低減

人材不足に陥り、仕事のチャンスを無くしたり、事業そのものが立ち行かなくなったりした時に、人材採用をしようとしますよね?

最近のネットでの人材採用系のコンサルタントは、
「その方法ではダメです」とか
「私の採用方法で新卒が〇人入りました!」とか
結構、横行しています。

私も、現在、ある企業の雇われ社長を2社やっていますが、勿論、ノウハウを生かした採用活動も行っていますが、それよりも、というか、並行しても良いのですが、いえ、最悪、後追いでも良いのですが、とても重要なことが有るのをご存知でしょうか?

今まで、このブログにも、テクニックの部分も記載してきましたが、テクニックではない部分でとても大事なの事があるのです。

今まで、オーナー社長も経験していますが、今回、雇われ社長をやってみて、はっきりと分かったことが有ります。

大企業って、雇われ社長の方が多くて、オーナー社長は少ないですよね?

一方、中小企業では、オーナー社長が圧倒的多数です。

ただ、大企業の場合、常に、改革に改革を進めている企業は、オーナー社長の方が多いのではないでしょうか?
基本的に安定している企業は雇われ社長が務めているケースが多いのでしょう。
売却した場合は別ですよ。
大企業が買い取る場合は、ある意味、それ自体がオーナー社長なのですから。

中小企業でも、まれに、自社内の人材ではどうしようもない場合に、外部から招聘しているようです。
中小企業の場合も、自社内では対応できない場合が多いのでしょう。

私の場合は、どうだか分かりませんが(笑)

大であれ中小であれ、『自社内の人員では対応できない』状況が、良いのか悪いのかは分かりません。

「必要な人材は、外部から呼んでくれば良い」
と開き直ることは、考え方を変えれば、大変に合理的かもしれません。
エグゼクティブ層は、費用を掛ければ、採用出来るのです。
しかも、育てる必要はありませんから。

ところが、一般社員はそうもいかないのです。

今は、売り手市場、就職する側が選べる時代です。

美辞麗句をひたすら並べて募集を行えば、人は入ってきます。
勿論、『受け入れられる』『求職者が求めている』ものである必要はありますが・・・。

入社しても、実態が伴っていない場合、即退職されるか、最悪は訴えられます。

ですから、実態を伴わなければいけないのです。
当たり前ですが。

『実態を伴う』という事は、新規採用を推進することではなく、『既存の社員を大切にして、社員が辞めない会社を作る』ことが大切なのです。

社員との対話してますか?
ただ、普段は話もしない社長がいきなり
「最近どう?」なんて聞いても
「ええ・・・大丈夫です」なんて返ってくるのが関の山です。

辞める時もそうです。
社長や、直属の上司が「なんで辞めるんだ?」なんて聞いて、本音でしゃべると思いますか?

当たり障りのない返答しかしないのです。
外部から招聘された雇われ社長をやっていますが、まだ赴任して半年なので、社員さんはまだ本音で話してくれます。

社員さんの本音を知るには『無記名アンケート』や『無記名上司査定』『無記名社長査定』をして、ボコボコにされるべきです。

部下の査定ばかりしていませんか?
しかも、その査定は的を射ていますか?
査定の結果を『部下の育成の為』にフィードバックしていますか?
賞与を下げる道具にだけ使っていませんか?

そうそう・・・
賞与の総額を下げたいために、査定を下げるのは反対です。

まず、総額を決めるのです。
現在の収益状況、キャッシュフローの状況を鑑みて、
それをきちんと説明して「今回の賞与総額は〇〇〇万円」

査定の結果の数値は、普通に計算して、個人の査定数値と賞与総額が有れば、個人の賞与金額は出てきます。

Σ{(個人の基本給)×(個人査定)× 【定数】}=賞与総額
こんなのは、エクセルで表を作れば簡単に出せます。

去年と比べて、個人の査定数値が下がっているのに、会社全体の業績が良ければ、個人の賞与金額が上がる場合もあります。
勿論、逆もあります。

査定数値の、というか、査定の内容のフィードバックをするだけではなく、『会社全体の業績と個人の査定結果』に関してもきちんとフィードバックしていますか?

大抵、していないですよね?
だから社員は不満がたまり、離職率が高いのですよ。

離職率の低減をするには
・社員の声を聴くこと
・上司査定を行う事
・経営の状況をきちんと知らせる事
・妥当な査定を行う事
・育成のために査定のフィードバックをすること

後、賞与の事ばかりじゃないですけど、正社員とパート社員の『待遇のバランス』も大事です。
勿論、ルールは決まっているのでしょうが「就業規則を見て」だけで済ましてはいけないのです。今まで述べてきたことは、勿論、全ての社員が納得はしないです。
特に、『上司査定』には全力で否定する上司もいます。
現実を受け入れないと、進歩はないんですけどね。

でも、以上の事をやると、会社は絶対に変わります。

私が体験していますから、確実です。

出来る事から始めてみましょうよ!

関連記事一覧

Blog更新中

検索