fbpx
Blog

2代目の決意と現役トップの決意

事業承継をして代替わりをした場合、大抵の先代は、しばらく会長として留まり、新代表の采配を見守ります。

会長になるのは、既定路線ですね。
会長になって、その後、経営に口を全く出さなかった人を私は二人しか知りません。
ですから、口を出すのが当たり前なのです。

ひどい人になると、会長と社長と二人代表だったりします。
私はこれが嫌いでね。
だったら、社長を譲らなきゃいいじゃないかと。
或いは、代表取締役会長と取締役社長で良いじゃないかと。

会社を立ち上げた人と承継した人

どちらの方がパワーがあったか、苦労をしたかというと、圧倒的に「立ち上げた人」です。
これは、もう、否定のしようがない。

現代表が立ち上げ会社がボロボロになり次代が立て直しを任せられた。
このケースは、レアですが、それでも、立ち上げて、継続をしているということは、その点では評価されても良い。

この辺を理解しない次代がいます。

事業を承継するということは、好き勝手やっていいということではないのですよ。

そこをはき違えてはいけない。

好き勝手やりたいなら、自分で起業すればいい。
まぁ、好き勝手やって事業がうまくいくかどうかはまた別の話だが、好き勝手やりたいとか、おやじの経営に文句ばかり言っている奴は、自分で起業するべきである。
その方が幸せである。

親父の経営の悪いところばかりに目が向いて
「だから親父はダメなんだ」という若き後継者は多くいます。
良い部分に関しては、どう思っているのでしょうか?

まずは、悪いところがあるといっても、事業を継続している部分に敬意を表して、少なくても、現在の段階までは、自分でも継承していける状況を作らなくてはいけない。

そののちに、改革をしていくわけです。

改革ありきではいけませんし、最も、そのまま継続ありきでもいけません。

事業の承継をしなくても、経営者が変わらなくても、経営自体が同じ状況で行けるわけではありません。

社会、政治、規制の動向
社内のヒト・カネ・モノ・情報・システムの変化
顧客に趣味嗜好の変化
など、常に変化を続得ているわけです。

ですから、経営の改革を行うことは、常に行わなければならない当たり前のことです。

事業承継をきっかけに行うことではありません。

ですから、承継前でも、事業の改革は行えるのです。

現社長の一番近くにいるのは、後継者です。

ですが、現経営者へ、進言や提案を行うことは少ないかもしれません。
勿論、現社長の見えない拒否の力も存在していることも事実です。

「そんなこと言ったって」
「お前はまだまだ知らないんだよ」
いえ、それを言っちゃおしまいです。

現経営トップも、後継者の意見を聞くべきです。

これは,私の例なのですが・・・

私は、経営改革に関して、いろいろと進言をしていました。
「人事改革をしたい」
「社員教育を充実させたい」
「建設部門を独立させたい」
などなど

その際の先代の答えは
「良いね、もっと研究しなさい。
でも、お前の代になってからやりなさい」

先代の時代には、その時出来る、経営トップでなくても決断できるレベルのことしかやらせてくれませんでした。

その時は、「なんだかなー」と思っていましたが、『代表権』を持っていなくてもできることはかなりやりました。
社内のコミュニケーションとか、経営計画書の作成とか、それを、社員にどう落とし込んでいこうかとか・・・

先代の悪口ばかり言っている後継者は、本当につまらないです。
今できることをワクワクしながら、なんでやらないのでしょうか?

出来ることからやっていくのです。

きっと、現役経営トップもそれを待っているのだと思いますよ。

 

関連記事一覧

Blog更新中

検索